悲報、UberEATSの配送手数料 無料キャンペーン期間終了。380円かかるように

2017年2月12日

UberEATS

残念なお知らせです。

UberEATSでは、日本に登場して以来ずっと「配送手数料が無料」というのを実現していました。ですので、たとえ100円くらいの飲み物を頼もうが、自宅まで無料で配送してくれたのです。

しかし、この「配送手数料 無料」が遂に終わりを迎えることになりました。2017年2月13日(月)から、配送手数料380円(税込み)がかかるようになります。

配送手数料が380円かかるように

今回、UberEATSから届いたメールはこのようなものです。このメールが届いたのは2月11日ですので、かなり突然の告知なことが分かります。

日頃より UberEATSをご愛顧頂き、誠に有難うございます。昨年 9 月 29 日より東京の一部地域でサービスを開始して以来、非常に多くの方々からご利用頂いており、数多くの素晴らしいレストラン パートナーの皆様にもご参画頂いております。

この度、サービス開始当初から期間限定でご提供しておりました配送手数料の無料キャンペーンは、2 月 12 日(日) をもちまして終了することをお知らせ致します。多くのお客様からご好評を頂きまして、誠に有難うございました。

なお、2 月 13 日(月)より配送手数料は一律 380円 (税込)となり、ご注文時にアプリ上でもご確認いただけます。また、従来通り最低注文金額はなく、単品からでもご利用頂けます。

引き続き、サービス提供エリアとお料理の選択肢を拡大し、皆様がUberEATSをお楽しみいただけるよう、更なるサービスの充実に努めていく所存です。今後ともUberEATSを何卒宜しくお願い申し上げます。

【お問い合わせ窓口】
本件に関するご質問は、>eats@uber.comまでお送りください。担当者よりご連絡をさせていただきます。

UberEATS東京チーム一同より

Uberは今まで大盤振る舞いをしていた

5万円

とはいえ、この「配送手数料 無料」が終了するのは、ある程度予想できていたことでした。今まで配達手数料無料のせいで、UberEATSはずっと赤字だったのです。

例えば、お客さんのAさんがB料理屋に700円の食事を頼むとします。するとAさんはUberEATSに700円をクレジットカード経由で支払いますが、Uberの元に入るのはクレジットカード会社の手数料を抜いた680円くらいです。

ここからUberEATSはB料理屋に500円程度を支払います。Uberの手元に残るのは180円くらいですね。

しかしUberEATSは配達員にも報酬を支払っています。配達料は700円くらいですから、Uberはこの1つの注文で520円くらいの赤字です。

今までどれだけ大盤振る舞いだったのでしょうか・・・笑

UberEATSが東京に定着してきた?

今回UberEATSが配達料無料をやめたということは、UberEATSが「もう東京にUberEATSは定着した」と判断したのかもしれません。配達料を導入しても、そこまで注文数は落ちないと判断したのでしょう。

今後のUberEATSの動向に注目です。

配達員登録はこちらから

UberEATS配達員として働くには、まずここから登録してください!Web登録後、1回だけ登録会に行く必要がありますので、ご希望の場所を選んで申し込んでください(^^)

詳しい登録のやり方はこちらをご覧ください!

※以前まで実施されていた、「登録後、30回の配達完了で特別ボーナス」というキャンペーンは、現在は終了してしまいました。 どのサイトから登録しても(どの招待コードを使っても)、今は特別ボーナスはありません。また再びキャンペーンが始まったら、当サイトでお知らせいたします!

まずはUberEATSでご飯を食べてみたい方、いまならクーポンコード「eats-zp68g」で2,000円分の無料ご飯が食べられます!アプリのダウンロードはこちらから。

UberEATS

Posted by UberEats