一瞬で身分証が欲しいときには小型特殊の免許証が即日発行で最強説

2019年4月14日

1dayLicense
me
今すぐ身分証が欲しい!!

こんなことありませんか?

身分証が必要だけれど、学生証や保険証では受け付けてもらえない。パスポートもない。一体どうすればいいんだ!

 

そんな時に強い味方になってくれるのが、小型特殊の免許証です!

小型特殊の免許証、最強説

免許証

免許証ってありますよね。多くの人が持っているのは普通自動車の免許証です。

でも実は、免許証にはいろいろな種類があるんです。大型の免許証だったり、二輪(バイク)の免許証だったり、原付の免許証だったり。

どの種類でも、正式な免許証として通用します。

そんないろいろある免許証の中で、最も簡単に最速で取れるのが小型特殊の免許証なんです。

小型特殊ってなに?

トラクター

小型特殊の免許とは、トラクターやコンバインなどが運転できるようになる免許です。

もちろん一般人はトラクターやコンバインなどを運転する機会はそうそう無いでしょうが、即日で免許証を取るときには活躍します。

なんで小型特殊の免許証が最強なの?

ガッツ

小型特殊の免許は、試験がとても簡単で、即日で発行できます。値段も安く、写真付きの身分証が今すぐ欲しいときには最強なんです。

試験が簡単

小型特殊の免許の試験は、原付免許とほぼ同じ内容の問題が出てきます。試験時間は30分で50問出題されますが、一般常識で解けるような問題ばかりです。

勉強用のスマホアプリや本も充実しているので、簡単に受かります。都道府県によっては、解き終わったら途中退室もOKです。

即日手に入る

他の写真つき身分証(マイナンバーカードやパスポートなど)と違い、免許証は免許センターで即日発行されます。

値段も安い

小型特殊の免許証を手に入れるのに必要な費用は、都道府県によっても若干異なりますがこんな感じです。

  • 受験料:1,500円
  • 合格した後の免許証の発行代金:2,050円
  • 住民票の発行代金:300円くらい

大体3,800円くらいで免許証が即日取得できます。

他の身分証との比較

me
小型特殊の免許証が最強って、本当かよ?

って思っちゃいますよね。ちょっと比較してみました。

パスポートとの比較

パスポートも写真付きの身分証として優秀ですが、問題点は発行に時間とお金がかかること、現住所が証明できないことです。

パスポートの発行には、戸籍謄本等を取り寄せたり手間がかかる上に、発行費用に16,000円ほどかかります(10年ものなら)

申請してから発行までにも1週間ほどかかるので、即日で身分証を手に入れるには向いていないんです。

また、パスポートには現住所が記載されないので、現住所を証明できないのも残念なポイントです。

マイナンバーカードとの比較

マイナンバーカードも、だんだんと身分証として知名度を上げてきました。

しかし、いまだに発行枚数は低迷を続けています。問題はセキュリティー、知名度の低さ、発行までにかかる時間です。

セキュリティーの問題

マイナンバーカードには、その名の通り重要な個人情報であるマイナンバーが記載されています。

身分証なので他人に渡す機会も何度かあると思いますが、その際にマイナンバーが見られてしまうのは困ってしまいます。

知名度の低さ

マイナンバーカードが登場してから数年経ちますが、いまだにマイナンバーカードは知名度が低いです。

身分証としてマイナンバーカードを受け付けてもらえない場合もあります。マイナンバーカードを知らない人もいます😅

発行までに時間がかかる

発行が無料なのはメリットですが、申請してから発行までに1ヵ月ほどかかるのは非常に問題です。

住基カードとの比較

住基カード(住民基本台帳カード)という身分証がかつてありました。

現在はマイナンバーカードに置き換わったので、もう発行できません😭

原付免許との比較

原付

同じ免許証でも、原付免許証でいいじゃん!と言う人もいます。しかし、小型特殊の免許は原付免許より優秀なんです。

講習を受ける必要がない

原付免許を発行するには、原付講習と言うものを受けなければなりません。実際に原付バイクに乗る講習です。

原付に乗る機会なんてそうそうないと思いますし、天候が悪かったり暑い中に講習だったら困っちゃいますよね。

その分時間とお金が節約

原付講習を受ける必要がないので、講習費用4,500円がかかりません

もちろん講習の時間(だいたい2時間くらい)がない分、素早く免許書が発行できます。

小型特殊免許のデメリット

そんな小型特殊免許のデメリットを紹介しますね。

勉強が必要

パスポートやマイナンバーカードは一切の勉強は必要ありませんが、小型特殊の免許証を手に入れるにはちょこっと勉強が必要です。

とは言え試験は簡単です。原付免許や小型特殊免許では、普通自動車免許よりも簡単な問題が出題されます。

数時間程度勉強すれば受かると思います。

試験場に行かなければならない

発行するためには免許センターに行かなければなりません。

都道府県によっても異なりますが、免許センターは土日はやっていなかったりするので、困っちゃいますよね。

小型特殊免許の詳細

免許証

小型特殊免許の詳細について説明します。

都道府県によって詳細は異なりますので、必ず各都道府県の免許センター等のホームページを見てみてください。

小型特殊免許証の受験資格

  • 16歳以上
  • 視力が両眼で0.5以上であること。一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上であること。

持ち物

  • 本籍地が記載された住民票
  • 本人確認書類(学生証や社員証、保険証等でOK)
  • 申請用の写真(3.0×2.4cm)

試験当日の流れ

  1. 免許センターに行く
  2. 申請用紙に記入
  3. 1,500円を支払う
  4. 視力検査を受ける
  5. 受験する
  6. 合格発表
  7. 合格していたら写真撮影や発行代金の支払い
  8. 免許証発行

ウーバーイーツの配達員をやってみる

ウーバーイーツ配達員として働きはじめるには、まずここから登録してください(^^)

me
Web登録後、1回だけ登録会に行く必要があります、ご希望の場所を選んでください
東京・埼玉・千葉で登録横浜・川崎で登録名古屋で登録大阪で登録京都で登録神戸で登録福岡で登録
※「登録後30回の配達完了で特別ボーナス」といった以前のキャンペーンは現在は終了し、どのサイトから登録しても(どの招待コードを使っても)、現在は「30回配達までの最低収入を保証」といった他のキャンペーンになっています。詳しくは説明会で係員さんまで!
me
ウーバーイーツってどんな仕事?メリットはなに?

と疑問の方は、こちらの記事でスッキリ解決!

働き始めるまでのカンタンな流れはこちら

  1. まずはWebからアカウントを登録→身分証などもアップロード
  2. UberEatsパートナーセンターでの登録会に参加→完了!
詳しい登録のやり方はこちらをご覧ください!

ウーバーイーツの初回クーポンはこちら

まずはUberEATSでご飯を食べてみたい方、いまならクーポンコード「eats-zp68g」で1,000円分の無料ご飯が食べられます!

アプリのダウンロードはこちらから!

UberEATS

Posted by UberEats