ウーバーイーツの配達中には保険が自動で適用!保険の範囲も拡大しました

2019年4月14日

保険

ウーバーイーツ配達の仕事をやる際に、皆さん気にされるのが保険です。

ウーバーイーツの仕事では、自転車や原付バイクを使って配達をするわけですから、どうしても交通事故リスクと言うものがあります。

ウーバーイーツと保険について調べてみました。

2019年10月1日からは、保険の範囲が更に拡大しています!😆

ウーバーイーツの配達中は保険が自動適用

安心

実は、現在ではウーバーイーツの配達のお仕事中は、自動的に保険が適用されるようになっています。

ウーバーイーツ公式サイトの保険に関するページがこちらです。

本プログラムは Uber が三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)と契約を結んでいるプログラムであり、従来の対人・対物賠償責任の保険に加えて、2019年10月1日より新たに事故による傷害補償制度が追加されます。

本プログラムは自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間に生じた事故に対して適用されます。

本プログラムに関する事前申し込みや、追加料金のお支払いは必要ありません

万が一、配達中に事故に遭われた場合はサポートセンターまでご連絡ください。事故の報告を受け次第、専任チームが対応いたします。

ということで、配達リクエストを受けた時点から配達が完了/キャンセルするまでは、保険が自動適用になっているんです。

しかも、この保険では交通事故だけではなく、このようなケースにも対応できます。

  • 商品の受け渡し時に誤って料理をこぼしてしまい、注文者に火傷を負わせた
  • 不注意で料理をこぼしてしまい注文者の服を汚してしまった場合

配達中に起きた事故(交通事故に限らない)に関しては、補償がされます。

ウーバーイーツ保険

ウーバーイーツ登場当初(2017年)には、このような自動的な保険は存在しませんでした。

ですが、まずは自転車配達からこのような自動適用の保険がスタートし、2019年4月1日から原付バイクでも適用されるようになっています。

2019年10月からは自分への傷害補償も

この自動適用の保険が適用されるようになってからも、「配達員自身の保険がないじゃないか!」という批判がありました。

つまり、事故にあってしまったとき、配達パートナー(配達員のことです)以外のものや人には保険が適用されますが、自分自身には何も補償がなかったのです。

ですがウーバーイーツ側も批判を受け止めたのか、2019年10月からは配達パートナー自身にも保険が適用されるようになりました

  • 配達中に車とぶつかり、配達パートナーが怪我を負った場合
  • 商品の受け取り時に誤って料理をこぼしてしまい、配達パートナーが火傷を負った場合
  • などなど

ウーバーイーツ保険

ウーバーイーツの保険で対応できないケース

配達パートナー

さて、このようなウーバーイーツの自動適用の保険ですが、完璧なものではありません。このようなケースでは対応ができないんです。

配達中でないとき

ウーバーイーツの保険が自動的に適用されるのは、「配達リクエストを受けた時点から配達が完了/キャンセルするまで」です。

ですので、それ以外の時間帯には保険が適用されません。

  • 配達リクエストが来るのを待っている間(移動中など)
  • 仕事を終えて帰宅する最中

自分の自転車・バイクへの補償

自動的に適用される保険では、対人・対物、自分自身への補償が付いていますが、自分の自転車やバイクへの補償がありません

なので、自転車やバイクの車両保険に入っておくと安心です。

あまりに高額な補償

ウーバーイーツの保険では、補償額に制限があります

例えば自動車保険などでは、対人対物ともに無制限と言うのが一般的ですが、ウーバーイーツ保険の場合は限度があります。

自己負担分あり

ウーバーイーツの保険の対物補償を利用した場合、最大5万円の自己負担が必要のようです。(対人の場合は0円)

自分で保険に入る前にちょっと確認

事故

さて、ウーバーイーツの自動適用の保険を紹介しました。ここまで聞くと、

me
やばい、配達するなら保険入らなきゃ・・

って思っちゃいますよね。

ですが実は、気づかぬうちに他の保険が適用される場合もあります。

ドコモのシェアサイクルの保険

自転車

都内などでは、ドコモのシェアサイクルを使って配達している方も多いと思います。
実は、このドコモのシェアサイクルにも自動的に保険が適用されており、ウーバーイーツの仕事中の事故も対象になるようです。

補償
ご自身のおケガ 死亡・後遺障害保険金額 1,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,500円
第三者への賠償 限度額 対人・対物の補償(1事故2億円)
対人:2億円
対物:2億円
<特約>
・訴訟対応費用補償
支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円
・初期対応費用補償
支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円
・被害者治療費等補償
支払限度額:1名につき50万円(見舞品購入費用3万円)

賃貸にお住まいなら

賃貸アパートやマンションに住んでいる場合、不動産屋で火災保険や家財保険に加入している場合が多いと思います。

その保険の中で、自転車保険や個人賠償責任保険がついてくる場合があります。

賃貸を契約した際の書類を引っ張り出して確認してみましょう!

すでに自動車保険に加入しているなら

既に自動車を持っていて自動車保険に加入している場合、原付や自転車の保険がくっついていませんか?

原付であれば原付特約(ファミリーバイク特約)といった名前になっているかと思います。

原付の保険が無料でついてくる場合もあるので、自分の加入している保険の内容をチェックしてみてください。

バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには

ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、いつでも自由に働ける・面接も履歴書も不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

バイトのようなシフトなし!自分の都合で働ける
バイトのようなシフトなし!
自分の都合で働ける
月に1回、30分だけでもOK
月に1回、30分だけでもOK
面接も履歴書もいらない
面接も履歴書もいらない
資格もスキルもいらない
資格もスキルもいらない
出勤もいらない
出勤もいらない
上司もいない
上司もいない
ノルマもない
ノルマもない
もちろんサボっても怒られない!
もちろんサボっても怒られない!
収入は週払い/即日払い
収入は週払い
(即日払いなことも)
清潔なら、服装・髪型も自由!
清潔なら、服装・髪型も自由!
仕事中にスマホも使える
仕事中にスマホも使える!
(もちろん運転中はダメですよ)
それなのに稼げる!
それなのに稼げる!

このように今までのアルバイトとは次元が違う仕事になっていますので、街中にウーバーイーツのバッグをしょった人があふれるようになりました。

ウーバーイーツ配達の仕事を始めるには、まずここから登録してください(^^)

ウーバーイーツ配達に登録
2019年9月現在、登録のときに招待コードは入力しなくてOKです!
ウーバーイーツ配達員女性
ウーバーイーツ配達員
地域は「東京」「横浜」「名古屋」「大阪」「神戸」「福岡」など入力しましょう

働き始めるまでのカンタンな流れはこちら

  1. まずはWebからアカウントを登録→身分証などもアップロード
  2. Uber Eatsパートナーセンターでの登録会に参加→完了!
詳しい登録のやり方はこちらをご覧ください!

サクッとウーバーイーツ配達の仕事を知ろう

me
ウーバーイーツってどんな仕事?メリットはなに?

と疑問の方は、こちらの記事でスッキリ解決!

ウーバーイーツの初回クーポンはこちら

まずはウーバーイーツでご飯を食べてみたい方、いまならクーポンコード「ins6j1fqy」で1,000円分の無料ご飯が食べられます!

アプリのダウンロードはこちらから!

Uber Eats

Posted by Uber Eats