タクシー・ハイヤー配車のUberの使い方・乗車方法!プロモーションコードも掲載

Uber使い方

このサイトでは、料理デリバリーサービスのウーバーイーツを主に紹介しています。

ですが、日本ではウーバーイーツの方が非常に有名なものの、世界的に有名なのは本業のUber(ウーバー)です。

タクシー配車とか、ライドシェアリングと呼ばれているサービスになります。

ここでは、そんな配車サービス・ウーバーの利用方法を解説してみます!

そもそもウーバーのメリットって?

ウーバーは、ライドシェアリングのアプリです。つまり、

  • タクシーを呼びたい人が、Uberアプリを使ってカンタンにタクシーが呼べる
  • タクシーのドライバーに対して評価ができるので、普通のタクシーより安全
  • メーターを倒さないなど、料金をぼったくられる心配がない
  • 支払いもクレジットカードなのでスムーズ
  • その分、料金はちょっぴり高いことが多い

というアプリです。海外でのタクシー移動時には不可欠なアプリです。

me
海外のふつうのタクシーは危険だったりしますからね

しかも、ウーバーで呼ぶタクシーというのは、一般の人が自分の車で運転しているタクシー(いわば白タク)です。一般の人が簡単にお金を稼げることからも、世界的に有名になっています。

日本ではタクシーとハイヤーの配車になっている

しかしながら、日本では法規制のため、一般人がウーバーのドライバーとなることができません。日本では実証実験中の一部地域を除き、きちんと緑ナンバーの車と二種免許が必要になるのです。

ですので日本でウーバーを使うと、きちんとしたタクシー・ハイヤーがやってきます。

me
タクシーかハイヤーかは地域によります

UBER

ウーバーを日本で使うメリット

UberLogo

日本では、特に都市部ならそこらじゅうにタクシーが走っていますし、料金をぼったくられる心配もありません。

そんなウーバーを日本で使うメリットはあるのでしょうか?調べてみました。

世界の先端企業のサービスが試せる

ウーバーの運営会社であるUber Technologies, Inc.(ウーバー・テクノロジーズ社)は、今まさに注目を集める企業です。

ウーバーやウーバーイーツといったサービスは世界的に注目を集めていますし、今ウーバーが開発に力を入れている自動運転でも注目を集めています。

ウーバーの自動運転技術に関してはトヨタも本腰を入れて出資していますし、ウーバー・テクノロジーズ社の筆頭株主はソフトバンク・グループです。

日本とも縁が深い世界的先端企業のサービスを使ってみることには、意義があるのではないでしょうか。

実証実験に参加できる

そんなウーバーは、日本政府と協力して、日本各地で実証実験を行っています。

過疎地域など、交通の足が乏しい地域において一般の人がウーバーのドライバーになり、交通インフラを整備するといった形の実証実験です。

このような地域でウーバーを利用する事は、もちろん移動手段が増えるというメリットにもなりますし、日本社会のためになると言うメリットもあります。

安くハイヤーが呼べる

例えば東京でウーバーを使うと、ハイヤーがやってきます。

ハイヤーがやってくると言うことで、値段はかなりお高そうなイメージがしますが、実はそんなに高くはありません。もちろん普通のタクシーよりは高いですが、だいたい3割増位なイメージです。

タクシーの3割増しの値段でタイヤに乗れると考えると、かなりお買い得な気がします。

支払いがスムーズ

クレジットカード

ウーバーは、事前に登録したクレジットカードで決済します(海外の一部地域では現金決済も選べます)

ですのでタクシーを降りる際に支払いをすることがなく、到着したらドアを開けてすぐさま降りることができます。

支払いにモタモタすることがなく、素早く降車できるので非常に便利です。

海外に行ったときも安心

taxi

ウーバーの本領は海外だと私は思っています。

海外に行った際には、現地のタクシーを使うのではなく、ウーバーを使うと非常に安心です。

ウーバーの使い方は日本でも海外でも同じですので、事前に日本でウーバーの使い方に慣れておくと海外に行った際にもさらに安心です。

ウーバーの使い方

さて、そんなウーバーの使い方を説明してみます。まずはエリアの確認と、アプリのダウンロードからです。

Uberのサービスエリアの確認

日本でのUberのサービスエリアは、こちらに記載しております。

アプリのダウンロード

エリアわ確認したら、アプリをダウンロードして、ウーバーのアカウントを作成しましょう。

アカウントを作成

アプリをインストールしたら、アカウント登録に進みましょう。

ウーバーのアカウントは、メールアドレスではなく電話番号で登録する仕組みになっています。(FacebookまたはGoogleのアカウントでも可)

電話番号

SMS認証番号

招待コードを入力する

アカウント作成後には、初回乗車限定のプロモーションコードを入力すると、2,000円の割引になります。

プロモーションコードは「zp68g」です。

プロモーションコードは、アカウント登録後にこちらから入力します!

お支払

コードを追加

アプリに目的地を入力

目的地

アカウント作成後の初期画面がこちらです。現在地の周りのウーバーの車の位置と、行き先を指定するボックスが出てきます。

ウーバーの車を呼び寄せるには、行きたいところを入力してみましょう。

なお、行き先だけでなく、ウーバーの車を呼び寄せる場所も指定することができます(当初は「現在の位置情報」になっていますが、変更できます)

目的地

事前配車リクエスト

事前配車リクエスト

ウーバーの車をすぐに予備をするのではなく、このように配車を予約しておくことも可能です。

配車内容と料金と車種を確認

料金

目的地を指定すると、このように

  • 目的地までのルート
  • 料金の目安
  • 車種
  • 車の到着時刻

を確認できるようになります。

車種の違い

ウーバーでは、呼ぶ車の車種を指定することができます。

ハイヤー

ブラックVAN

タクシー

プレミアムタクシー

 

問題なければ次の画面に進みます。

ドライバーが見つかるのを待つ

するとこのように、自分の周囲にいるドライバーを探す画面に移ります。

ドライバーは通常は数秒で見つかりますが、混雑している時などは見つかるのに時間がかかったり、見つからない場合もあります。

me
私は海外でウーバーを使った際にドライバーが見つからないことがありました

ドライバーを探しています

ドライバーが見つかると、このようにドライバーの現在位置がわかるようになります。あと何分で車が到着するかも一目瞭然です。

ドライバー

しばらく待つとこのように車がやってきます。

uberTaxiShibuya

乗車から到着まで

乗車中

乗車中もこのように、アプリ上で車の位置情報が分かりますので、自分が今どこにいるかも簡単に確認できます。

到着したら

クレジットカード決済の場合、到着したらそのまま降車すればOKです。

降車した時から、アプリ上で乗車料金を確認することができ、領収書がメールでやってきます。

通知もやってくる

わざわざアプリ上で確認しなくても、このように通知もやってきますので安心です。

通知

ウーバーのよくある疑問

ウーバーに関してよくある疑問をまとめてみました。

料金はいくら?

実はウーバーの料金に関しては、不透明な部分が大きいです。例えば日本のタクシーであれば細かい料金規定が決まっていますが、ウーバーに関しては公開されていません。

アプリ上で料金の目安が事前に示されるのみです。(また、この料金も目安なので、上回ることも下回ることもあります)

料金

以前はこのように料金体系が公開されていたのですが、現在では非公開となりました。

項目 料金
配車料金 なし
ブラックVAN指定料金 1,080円
乗車開始料金 103円
乗車料金(1分ごと) 67円
乗車料金(1kmごと) 329円
※ただし、乗車料金の最低料金 823円

ウーバーが高速道路に乗ってしまった!

以前東京でウーバーを使った時、近場なのになぜか首都高を通るルートになったことがありました。

me
料金がぼったくられるんじゃないかと心配になりました

ですが、東京では高速道路を使っても使わなくても、料金は変わらないシステムになっています。既に料金体系に含まれているんです。

ご安心ください!

Uber

Posted by UberEats