UberEATS配達員をやってて、大変なことはなに?

2016年11月26日

bike

この記事では、UberEATS配達員をやっていて、大変だなぁ、、と思うことを書いていきます。

UberEATS配達員の仕事はいいことばかりですが、時には辛いこともあったりします。ぜひ参考にしてみて下さい。

配達員アプリの住所がおかしい

img_6496

私が配達員の仕事をしていて一番困っているのは、配達員アプリの不具合です。

Uber社は全世界で配達員アプリを共通化しているようなのですが、日本の住所にうまく対応していないせいか、「配達先が分からない!!」ということがたまに発生します。

こういうときは配達先の方に電話をして、配達先を確認したりします。

注文者様にも迷惑なので、Uber社には早く改善してほしいところですね、、、

鳴らない

配送依頼

UberEATS配達員ってどんな仕事?の記事にも書きましたが、UberEATS配達員は配達依頼を受けて配達して、お金が発生します。(基本的には)

しかし、特に平日のお昼過ぎの時間帯(15時〜17時くらい)は、お昼時でも夕食時でもないため、あまり注文がなく、配達依頼が来ないことがあります。

これを配達員たちは「鳴らない、、、」と言っています。

こういうときのために、本やパソコンを持ってきて、カフェで時間を潰しながら仕事が来るのを待っている配達員もいます。

私はすご途中に好きな本が読めて便利!と思っています笑

ピックアップ先・配達先が遠い

普段は近くにあるお店から配達依頼が来るのですが、たまに遠くのお店から配達依頼が来ることがあります。

そして、配達先の場所もとても遠いことがあります。原付の方は大丈夫かもしれませんが、自転車の方にとっては配達先が遠いと大変ですね。

ただし、配達先が遠くても、報酬には距離料金といって、遠かったら遠いだけ収入が高くなりますのでご安心下さい。

悪天候時は辛い

これはどんな仕事もそうだと思いますが、、雨や強風だったりするとやはり辛いです。

雨や風のなか、自転車やバイクを走らせるのは、非常に危ないので運転に気を使いますし、体力も奪われます。とても大変です。

ただし悪天候だったりするときには特別ボ◯ナスが発生することが多いので、苦しい思いをしただけの報いがあります!笑

UberEATS配達員を始めるには

UberEATS配達員として働くには、まずここから登録してください!Web登録後、1回だけ登録会に行く必要がありますので、ご希望の場所を選んで申し込んでください(^^)

詳しい登録のやり方はこちらをご覧ください!

※以前まで実施されていた、「登録後、30回の配達完了で特別ボーナス」というキャンペーンは、現在は終了してしまいました。 どのサイトから登録しても(どの招待コードを使っても)、今は特別ボーナスはありません。また再びキャンペーンが始まったら、当サイトでお知らせいたします!

まずはUberEATSでご飯を食べてみたい方、いまならクーポンコード「eats-zp68g」で1,500円分の無料ご飯が食べられます!アプリのダウンロードはこちらから。

UberEATS

Posted by UberEats