2019年3月更新!タクシー・ハイヤー配車のUber(ウーバー)の地域・エリア一覧

2019年2月15日

東京

このサイトでは主に、料理配達サービスのウーバーイーツの紹介をしています。

しかし、ウーバーといえば世界的に有名なのは配車サービス(ライドシェア)です。

ウーバーのアプリを使うことで、一般の人が運転するタクシーに安く乗車することができたり、運転手になることで報酬が得られるサービスです。

しかし、このような配車サービスは日本では「白タク」と言われ法規制下にあり、ウーバージャパンは一般人ではなく、きちんと緑ナンバーと二種免許を持ったタクシーとハイヤーの配車サービスを展開しています。

しかしながら、ごくごく一部地域にて一般の人がドライバーとなったライドシェア実証実験も行われています。

本記事では、そんなウーバーの日本国内でのエリアを紹介します。2019年3月現在、ウーバーが利用できるのはこちらの地域です。

Uber利用の際は、初回限定クーポンコード「zp68g」をぜひご利用ください!

北海道 中頓別町

中頓別町は、人口約1,800人の小さな町です。ボランティア町民ドライバーの自家用車を利用したライドシェアの実証実験「なかとんべつライドシェア」が2016年8月24日より行われています。

中頓別

仙台

2019年2月13日より、ウーバーはタクシー配車として国内3都市目(大阪、名古屋に次いで)となる仙台でサービスを開始しました。

仙台市の仙台中央タクシーと提携し、サービス開始時点で102台のタクシーを配車します。

仙台

東京

ウーバーは、東京では「ハイヤー」の配車サービスを展開しています。

そのため、東京でウーバーを使うと黒塗りの高級車がやってきて、運転手さんも礼儀正しいです。料金も少しお高くなっています。

ウーバーは2013年11月から六本木周辺で試験運用を開始し、東京でハイヤー配車サービスを正式に開始したのは2014年3月3日。当初は六本木、渋谷、恵比寿エリアでのスタートでした。(2014年8月5日からタクシーの配車も行っていましたが、現在は行っていないようです)

東京

現在の東京でのエリアは、東京都心部と、羽田空港を結ぶエリアになっています。

横浜

ウーバーの横浜のエリアがこちらです。横浜も、タクシーではなく「ハイヤーの配車」です。

ウーバーのホームページを確認すると、横浜どころか神奈川県ほぼ全域でサービスが利用可能になっています。

横浜

名古屋

2018年9月5日より、ウーバーは名古屋で「タクシー配車」のサービスを開始しました。

名古屋市のフジタクシーグループと提携し、300台以上が対応しています。

名古屋

京都市

ウーバーの京都市のエリアがこちらです。京都市も、タクシーではなく「ハイヤーの配車」です。

京都

京都府 京丹後市

ウーバーは、京都府京丹後市の丹後町という一部エリアで2016年5月から、「ささえ合い交通」と題したライドシェアの実証実験が行われています。走っている車は、一般の方が運転する自家用車です。

京丹後市

大阪

2019年1月23日より、ウーバーは大阪で「タクシー配車」のサービスを開始しました。

タクシー会社の未来都と提携し、サービス開始時点で約650台のタクシーが配車可能になっています。

大阪

広島

まもなく広島市で、タクシー配車がスタートする予定です。

広島

神戸

まもなく神戸市で、タクシー配車がスタートする予定です。

神戸

淡路島

2018年7月21日より、ウーバーは実証実験として、淡路島内のタクシー会社9社の約40台の配車サービスを展開しています。

淡路島

福岡

まもなく福岡市で、タクシー配車がスタートする予定です。

福岡

ウーバーのタクシー・ハイヤーを使ってみよう

Uber利用の際は、初回限定クーポンコード「zp68g」をぜひご利用ください!

UberEATS

Posted by UberEats